Yearly Archives: 2017

2017

ゼネリックソリューション、シリコンバレーと東京を中心にFinTechベンチャー投資と事業開発を行うSV-FINTECH1号投資事業有限責任組合(以下SV-FINTECH Fund)を引受先とする第三者割当増資を実施

ゼネリックソリューション株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小西 亮介、以下ゼネリックソリューション)は、ビッグデータ解析と人工知能テクノロジーを通じて、産業構造のイノベーションに挑戦しています。

 

この度、ゼネリックソリューションは、シリコンバレーでベンチャー投資と事業開発を行うSV FRONTIER(カリフォルニア州サンフランシスコ、CEO:鈴木 陽三)と、株式会社VOYAGE GROUP(東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:宇佐美 進典)が共同運営するSV-FINTECH Fundを引受先とする第三者割当増資の受入れを決定したことをお知らせいたします。

 

シリコンバレー・サンフランシスコでは、世界中から様々な有望なベンチャー企業が集まり、優秀な起業家やエンジニアが日々切磋琢磨しながら、イノベーションを推進しています。

 

ゼネリックソリューションは、今回の第三者割当増資を受けて、言語と文化の多様性のある人材が集まる土地に活動拠点を拡げ、最先端のビジネススキームやテクノロジーの調査研究を行います。また、現地の起業家やエンジニアとの交流、現地有名大学の大学生や大学院生の採用活動に取り組んでまいります。

 

ゼネリックソリューションでは、グローバルなビジネス展開により、起業家達と信頼関係を構築していく中で、新たなビジネス機会の創造と、イノベーションの推進を進めてまいります。

 

 

SV-FINTECH Fund

VOYAGE GROUPとSV FRONTIER鈴木 陽三氏が共同GP、

トム・ブラウン氏がアドバイザーとして参画。

社名 :SV-FINTECH1号投資事業有限責任組合
設立 2017年1月5日
執務執行者  :鈴木 陽三
URL http://www.sv-fintech.com/

 

<ゼネリックソリューション 会社概要>

社名 :ゼネリックソリューション株式会社
設立 2006年12月28日
代表取締役 :小西 亮介
資本金 2億5,095万円
URL https://www.generic-solution.co.jp/

 

<本件へのお問合せ>
ゼネリックソリューション株式会社 経営企画 森田
EMAIL: info@generic-solution.co.jp
TEL: 03-6416-9015  FAX: 03-6416-9732

 

ゼネリックソリューションが、慶應義塾大学発ベンチャーキャピタルの 慶應イノベーション・イニシアティブを引受先とする第三者割当増資を実施

ゼネリックソリューション株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小西 亮介、以下 ゼネリックソリューション)は、ビッグデータ解析と人工知能テクノロジーを通じて、産業構造のイノベーションに挑戦しています。 

 

この度、当社は、株式会社慶應イノベーション・イニシアティブ(本社:東京都港区、代表取締役社長:山岸 広太郎、以下 KII)が運営するベンチャーキャピタルファンドを引受先とする第三者割当増資の受入れを決定したことをお知らせいたします。

 

最近、ビッグデータ解析、IoTや人工知能への社会的な期待が高まり、我々のような、ベンチャー企業への期待も同時に高まってきている事業環境になってきました。コンピューター産業では、縦割りの完成品を作る製造業と同じような産業構造を形成し、成熟化が進んでいます。

 

我々が考えている変革のシナリオは、人間と機械がコラボレーションしながら、専門性が高く代替しにくい人間の創造的な労働と、機械が自動的に達成可能な仕事を作り出すことです。それらの定型業務の機械化を通じて、コンピューターがインテリジェンスを獲得することで、経済の発展に貢献し、多くの人が高所得を享受する社会の創造に貢献したいと考えています。

 

ゼネリックソリューションでは、コンピューターにインテリジェンスを与えることで人間が単純作業から解放され、社会課題を自動的に解決するプラットフォームの開発を目指しています。

 

また、ビジネスに「本当に役立つデータ活用」と「使える情報テクノロジー」を提供し、普遍的な課題の発見から解決まで責任を持ちます。

 

当社では、2006年に慶應義塾大学での研究成果をきっかけとして、ベンチャー企業を創業し、学生時代の研究室での研究をベースとして創業した社長をはじめ、大手企業をスピンアウトした慶應義塾大学を卒業した仲間を中心に、こうした期待に応えるべく、日々業務に従事しています。

 

今回の第三者割当増資を契機として、慶應義塾大学の研究成果を活用したイノベーションの推進、大学の研究成果の社会実装を推進し、新産業の創出によって社会の発展に取り組んでいきます。

 

<株式会社慶應イノベーション・イニシアティブ 会社概要>

社名 :株式会社慶應イノベーション・イニシアティブ
設立 201512
所在地            :東京都港区
代表者  :代表取締役社長 山岸 広太郎
事業内容 :慶應義塾大学の研究成果を活用した

   大学発・技術ベンチャー企業の育成。
   ベンチャーキャピタルファンドの運営。

 

<当社概要>

社名 :ゼネリックソリューション株式会社
設立 2006年12月28日
代表取締役 :小西 亮介
資本金 2億5,095万円
URL https://www.generic-solution.co.jp/

 

 

ゼネリックソリューション、北陸銀行とビッグデータ×AI(人工知能)技術を活用した金融ビッグデータ分析において 北陸地方で初めて業務提携を開始

ゼネリックソリューション株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小西 亮介、以下「ゼネリックソリューション」)は、株式会社北陸銀行(本店:富山県富山市、頭取:庵 栄伸、以下「北陸銀行」)と独自のビッグデータ×AI(人工知能)技術を活用した金融ビッグデータ分析において、北陸地方で初めて業務提携を開始します。

 

ゼネリックソリューションは、これまで全国の様々な地方銀行と共同で地域のお客様のニーズごとに金融ビッグデータの分析に取り組み、マーケティングにおいて大きな成果を出してきました。今回は、北陸銀行と業務提携することでさらにサービス提供の地域を拡大し、金融機関にとってお客様一人ひとりに最適な金融商品・サービスの提供ができるよう支援してまいります。

 

<会社概要>

社名 :株式会社北陸銀行
設立 昭和18年7月31日(創業明治10年)
代表取締役頭取  :庵 栄伸
総資産 6兆8,804億円(2017年5月16日現在)

 

<当社概要>

社名 :ゼネリックソリューション株式会社
設立 2006年12月28日
代表取締役 :小西 亮介
資本金 2億5,095万円

 

~ビッグデータ活用基盤×人工知能(独自開発のアルゴリズム)~

弊社は、大学の情報検索・データマイニング研究から、独自に開発をしたアルゴリズムを用い、2006年の創業以来データマイニング・情報検索の領域に力を注いできました。その結果、文脈や状況に合わせてデータの意味を見出し、動的な変化にも対応することができるようになりました。

また、ビッグデータを解析する基盤を構築しており、複数のコンピュータを用いて並列処理を分散して割り当てる技術の開発も推進しています。その成果として、同時に大量のデータの計算処理を行うことで、安価に大規模なデータ処理サービスの提供が可能となっております。

ゼネリックソリューションは、単なる自社製品の販売やお客様が抱えている表面的な問題ではなく、本質的な問題を発見しソリューションさせていただくことを最も大切な行動規範としております。今後、より一層企業とメディア双方に活用いただけるよう、一層のサービス向上に努めてまいります。

 

<本件へのお問合せ>

ゼネリックソリューション株式会社 経営企画 森田

Email: info@generic-solution.co.jp

Tel: 03-6416-9015 FAX: 03-6416-9732

 

東北の地方銀行初、
株式会社七十七銀行との協業について

ゼネリックソリューション株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小西 亮介、以下「ゼネリックソリューション」)は、株式会社七十七銀行(本店:宮城県仙台市、取締役頭取:氏家 照彦、以下「七十七銀行」)と金融ビッグデータ分析において協業いたします。東北の地方銀行との協業は今回が初めてです。

 

本協業では、七十七銀行が保有する取引履歴等のビッグデータをゼネリックソリューションの強みとするAI(人工知能)技術で分析し、お客様個人に特化した金融マーケティングの高度化を実現いたします。

 

今後もゼネリックソリューションは、地域金融機関がお客様個人の生活に寄り添った金融商品・サービスを提供できるよう、独自のビッグデータ×AI(人工知能)技術の改善に取り組んでまいります。

 

<会社概要>

社名 :株式会社七十七銀行
設立 1878年12月9日
取締役頭取 :氏家 照彦
総資産 8兆3,831億円(2016年9月30日現在)

 

<当社概要>

社名 :ゼネリックソリューション株式会社
設立 2006年12月28日
代表取締役 :小西 亮介
資本金 2億5,095万円

 

~ビッグデータ活用基盤×人工知能(独自開発のアルゴリズム)~

弊社は、大学の情報検索・データマイニング研究から、独自に開発をしたアルゴリズムを用い、2006年の創業以来データマイニング・情報検索の領域に力を注いできました。その結果、文脈や状況に合わせてデータの意味を見出し、動的な変化にも対応することができるようになりました。

また、ビッグデータを解析する基盤を構築しており、複数のコンピュータを用いて並列処理を分散して割り当てる技術の開発も推進しています。その成果として、同時に大量のデータの計算処理を行うことで、安価に大規模なデータ処理サービスの提供が可能となっております。

ゼネリックソリューションは、単なる自社製品の販売やお客様が抱えている表面的な問題ではなく、本質的な問題を発見しソリューションさせていただくことを最も大切な行動規範としております。今後、より一層企業とメディア双方に活用いただけるよう、一層のサービス向上に努めてまいります。

 

<本件へのお問合せ>

ゼネリックソリューション株式会社 経営企画 森田

Email: info@generic-solution.co.jp

Tel: 03-6416-9015 FAX: 03-6416-9732

 

四国の地方銀行初、
株式会社愛媛銀行との協業について

ゼネリックソリューション株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小西 亮介、以下「ゼネリックソリューション」)は、株式会社愛媛銀行(本店:愛媛県松山市、頭取:本田 元広、以下「愛媛銀行」)と、金融ビッグデータ分析において協業いたします。四国の地方銀行との協業は今回が初めてとなります。

 

本協業では、愛媛銀行が保有する取引履歴等のビッグデータをゼネリックソリューションの強みとするAI(人工知能)技術で分析し、お客様個人に特化した金融マーケティングの高度化を実現いたします。

 

今後もゼネリックソリューションは、独自のビッグデータ×AI(人工知能)技術によって、より生活に密着した金融商品・サービスのお客様個人に特化したレコメンデーションを提供し、地域金融機関の役割を支援してまいります。

 

<会社概要>

社名 :株式会社愛媛銀行
創業 :1915年9月16日
代表者 :頭取 本田 元広
総資産 :2兆3,290億円(2016年9月30日現在)

 

<当社概要>

社名 :ゼネリックソリューション株式会社
設立 :2006年12月28日
代表取締役 :小西 亮介
資本金 :2億3,095万円

 

~ビッグデータ活用基盤×人工知能(独自開発のアルゴリズム)~

弊社は、大学の情報検索・データマイニング研究から、独自に開発をしたアルゴリズムを用い、2006年の創業以来データマイニング・情報検索の領域に力を注いできました。その結果、文脈や状況に合わせてデータの意味を見出し、動的な変化にも対応することができるようになりました。

また、ビッグデータを解析する基盤を構築しており、複数のコンピュータを用いて並列処理を分散して割り当てる技術の開発も推進しています。その成果として、同時に大量のデータの計算処理を行うことで、安価に大規模なデータ処理サービスの提供が可能となっております。

ゼネリックソリューションは、単なる自社製品の販売やお客様が抱えている表面的な問題ではなく、本質的な問題を発見しソリューションさせていただくことを最も大切な行動規範としております。今後、より一層企業とメディア双方に活用いただけるよう、一層のサービス向上に努めてまいります。

 

<本件へのお問合せ>
ゼネリックソリューション株式会社 経営企画 森田

Email: info@generic-solution.co.jp
Tel: 03-6416-9015 FAX: 03-6416-9732

 

大手地方銀行
株式会社中国銀行との業務提携について

ゼネリックソリューション株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:小西亮介 以下「ゼネリックソリューション」)は、2017年1月6日 株式会社中国銀行(岡山市北区丸の内一丁目15番20号 頭取 宮長 雅人)と、金融ビッグデータ分析の分野で協業することとしましたので、お知らせ致します。

 

協業の背景

 

弊社は、2015年12月から大手地方銀行である株式会社千葉銀行と協業しています。
千葉銀行では、顧客個人に特化したクレジットカードや投資信託などの金融商品の利用促進を目的に、金融ビッグデータを活用した需要予測モデルの試行を開始しており、実際にお客様にアプローチするなかで、経済的な成果を確認できはじめています。

 

弊社が開発したソフトウェア「GS8※」を用いたビッグデータ解析技術により日々最新のデータを学習することと、人工知能技術を用いて人間では気づきにくい顧客ニーズの変化を捉えることで、より営業活動を推進するためのお客様の絞り込みにより効果的なアプローチに繋がっています。

(※製品名/サービス名は弊社の登録商標です。)

 

協業の目的

 

弊社は、ビッグデータ解析技術と人工知能技術を用いることで、お客様個人の取り巻く状況の変化に対応するアプローチを深化させることで、お客さまの利便性向上を図り、またお客さまのニーズに合致した新たな金融商品・サービスの提供を目指しています。

 

今回の協業では、これまでの弊社での取り組みの成果を地域経済に拡大することで、中国銀行様の地域金融機関としての役割を支援致します。決済行動などのデータベース分析により、より生活に密着した金融商品・サービスのレコメンデーションの実現を目指します。

 

弊社のビッグデータ処理技術と人工知能技術を用いたソフトウェア「GS8」が有する要素技術で、金融マーケティングに特化した業務ロジックを開発致します。これによって、金融ビッグデータを分析することにより、フィンテック領域における新たな金融サービスの提供が可能となります。

 

<会社概要>

社名 :株式会社中国銀行
設立 1930年12月21日
代表者 :取締役頭取 宮長 雅人
総資産 :7兆7701億円(2016年3月31日現在)

 

<当社概要>

社名 :ゼネリックソリューション株式会社
設立 :2006年12月28日
代表取締役 :小西 亮介
資本金 :2億3,095万円

 

~ビッグデータ活用基盤×人工知能(独自開発のアルゴリズム)~

弊社は、大学の情報検索・データマイニング研究から、独自に開発をしたアルゴリズムを用い、2006年の創業以来データマイニング・情報検索の領域に力を注いできました。その結果、文脈や状況に合わせてデータの意味を見出し、動的な変化にも対応することができるようになりました。
また、ビッグデータを解析する基盤を構築しており、複数のコンピュータを用いて並列処理を分散して割り当てる技術の開発も推進しています。その成果として、同時に大量のデータの計算処理を行うことで、安価に大規模なデータ処理サービスの提供が可能となっております。
ゼネリックソリューションは、単なる自社製品の販売やお客様が抱えている表面的な問題ではなく、本質的な問題を発見しソリューションさせていただくことを最も大切な行動規範としております。今後、より一層企業とメディア双方に活用いただけるよう、一層のサービス向上に努めてまいります。

 

<本件へのお問合せ>
ゼネリックソリューション株式会社 経営企画 森田

Email: info@generic-solution.co.jp
Tel: 03-6416-9015 FAX: 03-6416-9732