品質マネジメントの規格である「ISO9001」を認証取得

ISO9001 品質マネジメントシステムを全社で認証取得

GS8のサービス・デリバリーについて標準化 ~

 

ゼネリックソリューション株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小西 亮介、以下「ゼネリックソリューション」)は、品質マネジメントシステムに関する国際認証規格である「ISO9001」(※1)を認証取得し、主力製品GS8とITサービス・マネジメントに関する業務を標準化したことをお知らせします。

 

「ISO9001」取得の背景について

当社では、主力製品GS8によるソリューション開発を通じて、顧客のニーズに合致した情報ニーズに応えるために新たな情報を生み出し、それらを支える適切なITサービスを提供するマネジメントする、ITサービス・マネジメント等のサービスを提供しております。

こうしたサービス・デリバリーについて標準化することでプロセスを定量化し、ISO9001に準拠した品質マネジメントシステムを確立・導入し、継続して改善することで、社内の品質マネジメントに対する意識を高め、信頼性とお客様の満足度を向上させることを目的として、今回国際規格ISO9001の認証を取得いたしました。

このたび、お客様へのソリューション提供の品質を高めるために、業務効率の改善や組織体制の強化とともに、お客様の顧客満足度を高めることを目的として国際規格の認証を取得しました。さらに、継続的な改善による企業価値の向上にもつながると考え、品質保証による社会的信頼や顧客満足の向上に努めて参ります。

 

品質マネジメントシステム ISO 9001とは

ISO 9001は1987年に初版が制定され、ISOマネジメントシステム規格としては最も古い規格です。この品質マネジメントシステム規格は初期には電気、電子など業界で認証取得の取り組みが始まり、続いて機械、化学業界などの製造業に広がっていきました。定期的な規格の改訂により、あらゆる業界に適用できるシステム規格として、また効果的な品質管理体制の構築を目指し、業種業界を問わず取り組まれております。企業、団体がISO 9001に基づく認証では、組織そのものの事業戦略や経営方針(中長期事業計画や年度計画・方針)を達成するための課題やリスクを抽出して計画し、検証することによって、システムの有効性とともにパフォーマンスを評価して改善することを重視しています。

 

<認証概要>
登録組織  :ゼネリックソリューション株式会社
認証番号  :MSA-QS-4632
認証範囲  :データ分析・活用技術をコアとした自社開発ソフトウェア製品の販売及びクラウドコンピューティング サービスの提供
認証機関  :株式会社マネジメントシステム評価センター
認証登録日 :2020年3月26日

 

(※1 ISO9001:品質マネジメントの規格)