GS8とは

About the artificial intelligence "GS8"

「GS8」は、様々な情報から状況や文脈、その変化を捉えることができる、人工知能です。ゼネリックソリューション独自の人工知能であり、私たちが研究開発した成果でもあります。
従来の業務プロセス
担当者の経験や勘を頼りに、アプローチするお客様の選定やセグメンテーションを行い、営業活動を繰り返し実施。
本来ターゲットとすべき顧客の発見、優良化すべき顧客の育成につながる営業活動が行えていない可能性がある。
GS8を活用した業務プロセス
成約結果や交渉記録などの情報から、顧客と対象商品・サービスとの関係性を予測。予測結果と営業活動の実績との比較を行いながら、予測の精度を高める。
人工知能の観点で効率的な意思決定を実施。本来ターゲットとすべき顧客に効率的にアプローチすることが可能。
その他のGS8の活用方法はこちらをご覧ください

GS8の特徴

unique characteristic "GS8"

1.
コンピューターの
インテリジェンス化
設定したゴールに対してGS8が試行錯誤を行い、自ら思考をしながら(=インテリジェンス)、自律的に成長します。PDCAをまわして意思決定プロセスを自動化することで、情報の持つ可能性を常に引き出しつづけます。
2.
ビジネスを拡張する
2つのフェーズ
前提として、人工知能は「フレーム」と呼ばれる枠組みの中で思考を行います。[フレーム問題について]ゼネリックソリューションは創業以来、GS8専用の様々なフレームを開発・蓄積してきました。
<トリガーフェーズ>過去に蓄積されたフレーム(知識)を活用して、ビジネスに変革を起こすきっかけ(=トリガー)となる最初の成果を導きます。
<拡張フェーズ>トリガーフェーズの成果を、他の商品・サービスや他部署に応用し、ビジネスの可能性を拡張してくことが可能です。
3.
コミットメント・メソッド
開発を行うだけでなく、システムが動作した結果がお客さまのビジネス上の成果に貢献することが、我々のソリューションのゴールです。確実に成果にコミットするために、目的を明確化させ、効果が定量的に測定できるように目標設定し、問題解決の方法を定式化したものが「コミットメント・メソッド」です。
GS8が生みだす成果に対して、“適切に期待”していただくことが重要であり、各フェーズでどこまで実現できるのか、ゴールイメージを事前に認識合わせさせていただきます。

継続的なPDCAの自動化

About the artificial intelligence "GS8"

施策実施の有効性を統計的に検証し、知識ベースとして活用する。通常の継続的な改善サイクルに対して、データ分析と活用のソリューションで、PDCAのCAを次のPへフィードバックし、情報の持つ可能性を引き出し進化させます。